はじめに
このBeDrawの部屋は WINDOWSで動作する 2次元汎用 BeDrawの情報発信を目的として作りました。
機能・特長などを中心に順次書き綴っていきます。
今後も継続してBeDrawを使っていくのであれば、BeDrawLite徹底解説 購入とともにBeUGへ参加すること
をオススメします。
さらにユーザーが開発した日影図作成支援の外部変形・パラメトリック図形のライブラリなどがある
@nifty FARCM
に参加するとBestでしょう。ベクターのHPにもBeDrawライブラリがあるので利用してください。
BeDraw 5が2003年4月28日に発売されました。
待望のBeDraw5がリリースされました。
VerUPというより、ほぼ同じインターフェース/操作性を持った別CADといっても良いほどです。
PrimesoftのHPで早速 GET しましょう!
BeDraw Lite徹底解説 が2001年3月17日に発売されました。
エクスナレッジ社から「BeDraw Lite徹底解説」が発売されました。
BeDraw LiteはBeDraw Ver.4.40 のサブセット版で、この本をを購入した方のみに使用が許されているソフトです。BeDrawの機能も解説されているので、 BeDrawのコマンドリファレンスとしても使用できます。ユーザーなら必携でしょう!。
タイトル BeDraw Lite徹底解説
著者 吉浜一雄 + 岩永善成
定価 2,800円 + 消費税
コード 62352-32
発行所 (株)エクスナレッジ

[HOME]